産廃を効率良く処理するには│破砕機などの機械で簡単に処理を

男の人

処理を依頼する場合は

解体工事

廃棄物処理は簡単に行なうことはできないので、産業廃棄物の処理を行なっている専門業者に依頼するようにしてください。万が一この業者がその廃棄物を不法投棄するなどの処理をしていた場合は依頼した業者も罪になるでしょう。

詳細

中間処理と最終処分

女性

産廃処理はすぐに廃棄物を処分するのではなく、中間処理という作業を行なったあとに最終処分をするのです。中間処理では廃棄物を細かくしたり再利用できる資材を選別したりした後に、残った廃棄物を最終処分場で処理します。

詳細

産廃を処理するには

ゴミ

工事現場では作業中に様々なゴミがでますが、このような業務によって排出されたゴミのことを産業廃棄物といい産廃ともいいます。産廃には様々な種類がありますが、工事現場で排出されるものの多くがコンクリートの大きな塊や工事のために排除した大きな岩などがほとんどでしょう。このような大きな産廃はそのまま処理することができないので、破砕機などを使用して細かくしないといけません。ですが、破砕機を持っている業者は少ないですから簡単に細かく砕くことはできないはずです。そのような問題を解決するためには、破砕機などの環境リサイクル機械を開発している業者からレンタルすればいいのです。開発業者からレンタルすることができれば簡単に塊や岩を砕くことができるため、産廃の処理を簡単に行なうことができるでしょう。また、このような機械は購入するとなるとかなりの値段になりますが、レンタルならば安い費用で利用することができますし使用中に問題があってもメンテナンスを行なってくれるはずです。破砕機の中には岩やコンクリートだけでなく、廃材や伐採した木を砕くことができますので様々な産廃に対応することができます。開発業者では他にも様々な機械を用意していますので、産廃が多くでるという業者は様々な機械をレンタルして、効率良く処理することができるようにしてください。木材のゴミや泥などが混ざった産廃を分けるためのフルイ機や、簡単に廃棄物を分けながら運ぶことができるベルトコンベアーなどもあります。機械の詳しい情報は、開発業者のホームページを検索すれば簡単に調べることができるでしょう。

ガレキを捨てずに

工事

ガレキの中には再生可能なものがありますから、すぐに処分するのではなくガレキ選別を行なって再利用できるものと分けるようにしてください。ガレキ選別をすることによって資源のコストを抑えることができるでしょう。

詳細